goodluck+

重度脳血管疾患を経験済み。障害者手帳1級1種持ち。左手カメラで散策する、お花畑ブロガー

マッサージいらず!?

190711

東京では18日連続(多分更新中)で日照時間が3時間未満とか、なかなかふざけた記録を更新中です。いい加減お日様出せや! と言いたい気分ですね(´・ω・`) 相変わらず、漢方薬をはじめ、いくつかの頓服で何とかこらえています。毎月、三鷹まで遊びに行く当事者会もお休みしたし、マッサージもお休み頂きました。受け入れる体制になれない。


昨年もこの時期は休みが多いと言っていましたね。マッサージのお姉さん。でも今年ほど引きずることはなかったと思うのです。いつまで経っても梅雨が明けないというのは、ただただ萎えます。何度も言っていることだけど、週末にカメラを持って散策を楽しみにしているものとしては、曇った空を撮っててもあまり面白くないわけで...(´・ω・`)


せっかくの3連休、ただの引きこもりと化している自分が居ます。湿度が70%超えているとアパートの階段を降りる気力さえ無くなります。目と鼻の先にあるスーパーですら買い物に出かけませんから。必死に出前館眺めて、悩み、また太るからと自制しながらこらえてみたり。マックデリバリー1500円からとか、一人で食べ切れる量じゃないから…。


体調はずーっと良くないです。梅雨さえ明けてしまえば、青空のように心の中がパーっと明るくなってスッキリするはずなんですよ。ただ、ここ最近続いている利き手の痙攣は未だ原因はわからず…。結局、先週の水曜日はバタバタと大騒ぎになりました。最近ぐらつきを感じた前歯の治療、そしてMRI(5回の寝落ちw)MRIは即診察で確認ができます。



ドクターが隅々まで確認をしていくのですが、相変わらず綺麗な脳だって。血管も血栓のような白くなっている箇所もほとんどない。ひーるさん、痙攣のようなものは脳が原因じゃないよと。正直な話、脳に問題が無かったということでホッとはしたけど、なら何が原因なんだよと…。流石に仕事中でもビクッビクッとなり、作業中はかなりイラつく。


じゃー、後はどこで診てもらうか。とりあえず脳波図って、確認してみようと。問題なければそれでおしまい。何かあれば、大学病院で神経内科のドクターに診てもらうという感じ。一駅分歩いて別の病院で脳波だけの検査を受けてきました。トータルで1時間。脳波が記録された分厚くなった紙を持って、またかかりつけの脳外科へ向かいました。


MRI持ってて脳波計持ってないんだと思ったけど、あれはクリニックで出来るものではないな。手間かかるし、個人経営のクリニックでは採算が合わないのだろう。早速、脳波を見てもらうのですが、光の刺激を与えだり、大きな呼吸を指示された場所以外に何箇所かいくつか気になる計測結果が出ました。ちょっと気になるから紹介状書くねと…。


また、今週の水曜日は大慌てだ。朝イチで大学病院、一度帰って午後から歯医者。今度こそ労務省に電話しないと。17時ギリギリに電話したら担当が居ないと逃げられたからな。水曜日はゆっくり休みたい。隙きあらば、カメラ持って撮影しに行きたいのに…。事務的に動くのは嫌なんだよ。いつになったら自由に動け回れるようになるのかなー。

f:id:healxheel:20190716203204j:plain
てんかん波も、かめはめ波も出ていないってさ(´・ω・`)

ボーナスが出ましたわ。いつもありがたいです。でも最近は仕事をしている、会社のために働いているという自負がありますので、最高利益を出した今回のボーナスは少なからず期待はしていました。うちの会社は明細を社長自ら手渡しをするシステム。実は朝の出社時に、振込先の銀行からメインバンクに切り替えるので、すでに金額はわかっている。


銀行で引き下ろした金額は思わず、え? コレじゃ前と変わってないじゃん、むしろ少なくね?? と。正直、なんだよー、クルーザーでフレンチとかいらんわーとなったわけです。で、社長さんから頂いた明細を見ると何かと控除されまくっていた。総支給金額は求めていた数字でしたが健康保険と厚生年金でごっそり惹かれてましたん…。まじかよ。


考課分は私の貰える範囲ではほぼ満額。いい評価を頂いている。その点はとても嬉しいのですが、まさかの控除とは…。一般職になったことで新しく追加されたもの。悔しいけど、それが普通なのだから仕方がない。頂けるだけ感謝しないといけません。今回は大きな買い物をするつもりもなく、貯金する予定。ちょっとknogの新しいやつ買うぐらい。


でしたが(^_^;) 、ちょっと買い物をしてしまいました…。キッカケはドブに捨てるつもりだった、更新料の助成金。満額で返却されることがわかりました。それとダゾーンで二重に引き落とされていた分が戻って来ることがわかりまして(自分のミス。返金すると言ってくれました)それらの金額を合計すれば、半分の出費で済むことになると(^o^)


買ってしまいましたわ。カメラではなくて…。カラダへの負荷が軽減されるであろうアイテム。ちょうど一年くらいになる枕のメンテナスをすることになりました。たった一年で中の物が減ることはないにしても、分散されて両端に追い詰められる。その結果、本来の高さではなくなり、寝心地が若干よろしくない。私の購入した枕は一生涯調整が可能。


電話予約すればその日のうちに再度調整してくれるのです。もちろん無償で。そのとき事前にアイテムを用意してもらい、試してみたいと伝えていたのです。その試したアイテムは『西川エアー』。ムアツ布団で有名な西川がアスリート向けに出しているマットレス。私のベッドは退院後自ら買いに行ったイケアの脚付きマットレスマットレスパッド。


言うことの効かなくなったカラダをしっかりと休ませるためにセミダブルのサイズを選んでいました。昨年枕を購入してから、睡眠に対する意識が高まっていて、いつか少しでも良いマットレスを買いたいとね。オーダー枕のおかけで首周りが格段に良くなりましたから。たぶん腰痛とか肩こりなどはマットレスで変わるのだろうと思っていました。


今年の春先、枕のヘタリが少し来て考えていた。このマットレス、異常に柔らかすぎやしないかと。低反発でも高反発でもない普通のクッション。横になってみると明らかに沈み込みが激しい。枕は改善できたけど、マットレス欲しいなと。でも、ツァイスの眼鏡とレンズ、そして旅行と。とても買える余裕は無くて、どうやって生活しようかと考えた。


そして今回の助成のおかげで購入することが。念願が叶ったわけです。購入するためにネット検索しまくりました。『西川エアー』で検索するだけなのですが、ヘタリ具合や効果の程を自分なりに解釈して『エアー03』に決めました。最終的な確認として枕を購入した『ピロースタンド』でベーシックとハードの違いを確認するために試しに行きました。

f:id:healxheel:20190716203659j:plain
f:id:healxheel:20190716203846j:plain

エアー03は中間層にブリヂストンソムニフォームというウレタンを採用していて、コレが購入の決め手になりました。BSさんはお仕事でお世話になりましたから、恩返しのつもりです。まーそれだけではなくて、もちろん耐久性の面でも優れていると思ったからです。ベーシックは女性向き、ボンキュッボンのカラダには柔らかめが良いようです。


私のような明らかなおデブさんにはハード一択ですね。実際、春先に西川に問い合わせしてらハードですときっぱりと伝えられました。身長と体重伝えたら(T_T) 西川のHPに悩んだときの目安になるパーソナルチェックがあります。確認が済み代金を支払おうとしたら、ひーるさん、当店で自遊自材(枕)を購入されていますから、こちらと送料をサービスさせていただきますと。専用パッドシーツ(¥12000+税)を持ってきた。


枕高いやつ買っといて良かったー(^o^) 納品は今の時期は1週間前後、配送業者は佐川急便です。馬鹿でかいですからね。ジーさんが配達する軽には入ったとしても他の荷物が入らなくなる。マッチョなトラックドライバーがやってきます。見慣れないスマホベースの端末使ってたな。私も昔、個人的にE03CA使ってましたわ。懐かしいな\(^o^)/


ダンボールをたたむのに小一時間。片手で切っては小さくして、ペットボトルの箱に小さく入れていく。途中入り切らなくなってきたので、くるくるとまとめて無理やり押し込む。ハンディラップを使ってぐるぐる巻きにして、雨の中なんとかゴミ出しに成功。あんなモノいつまでも置いておけませんから。要らなくなったマットレスは粗大ごみ待ち。


昔、レカロシートを購入して暫くの間は、カラダがガチガチに痛くなったことがあった。これはカラダとシートをなじませる工程の一つ。今はわからんけど(^_^;) 多分、マットレスもそうではないかなーと。カラダをなじませることが大事。初日は違和感しか無かったけど。連休中は横になってれば睡魔がすぐにやってくる。そんな感じになっています。


横向きで寝たときの腕のしびれとか減った気がする。体圧分散が優れているのだろう。そして何よりも驚いたのが、毎朝起きてトイレに行く際、2、3步歩くと必ずクローヌスが起きる。全身が激しくガタガタと。立ってるのが大変なので、壁に寄りかかっていますが...。それがどーゆー訳か出てこないのです。寝る体勢が良くなったのか血行なのか...。


通勤で歩いてみたら、麻痺側が違和感ありまくり。3日間ほとんど出歩かなかったにしても、麻痺側、特に足の軽さがちょっと考えられない。これまでは踏み出すたびによいしょって感じで持ち上げているイメージ。田んぼのぬかるみから足を引っ張り上げるような感じ。ちょっと大げさだけど。それが日照りでカラッカラになった田んぼのよう。


異常なほと軽やかなんです。この梅雨なのに。自分が書いていて胡散くせー事書いているのはわかっています。ウソつけと。大袈裟だよと思われるだろう。たぶん自分が人のblogで同じことが書かれていたら、まず疑うことから始めます(^_^;) でも私に起きたことは事実。まだ一週間も経っていないのでなんとも判断ができないでいますが事実は事実。


ハードを選んだことで、マットレスに横になるとしっかりと浮いているような感覚。マッチと明菜...。あれ飛んでるだったか!? いつの人ですか、おじーちゃん(T_T) それよりも低反発と違い高反発で姿勢保持に特化してて、点で支えているのが分かるという。後は耐久性がどこまで持続するのか...。今の所熟睡ができています。買ってよかった!!


f:id:healxheel:20190716202802j:plain
NEWアイテム 驚異の110ルーメン&330°  ヤバイっす\(^o^)/

って、コレで今回は終わるはずだった。でも終われないのよ。それは昔々、某ボッタクリ輸入販売代理店が販売を終了させてしまったハンズフリーアンブレラが別の代理店で発売されていることがわかりました。その素晴らしい販売代理店は『株式会社アウトリンクス』。Amazonでも在庫があれば購入可能だし、自社のHPでも購入が可能です。


先に言っておきますが、片麻痺のためと謳ってはいません。あくまでもハンズフリーというだけ。工夫は必要になります。でも、私は約6年前に出会ってから、片麻痺の傘はコレがベストだと愛用しています。某クソ代理店が販売を辞めた後はamazon.com個人輸入。かかった費用は今の販売価格と大差ないですが、英語出来ない。google翻訳大活躍!


ホント大変だった。購入したけど届くまでひと月くらい待ちました。もし途中で壊れていたら...。返品はどうやればいいの? とか。まじで人柱でしたわ。それが2年保証で日本語で対応できるのです。素晴らしい! これまでオススメしても購入を躊躇していた人も多かったと思います。それが普通に購入が出来るという...。感無量っす(T_T)


あ、そうそう、ハンズフリーアンブレラは通常のスウィングと比較的小さなテレスコープの二種類があります。構造も若干違いますが、それぞれ説明が上がってるので分かると思います。なんかね、亜脱臼している肩の荷が降りた感じがするのです。勝手な話ですけど。これで片麻痺ユーザーの雨対策が改善されると思うとね。ほんとに嬉しいのよ(T_T)


最後に私の使い方を載せた過去のblogを掲載しておきます。そうそう、この会社がどのような対応するかは私にはわかりません。購入していないので。あくまでも購入は自己責任でお願いいたします。私に文句言われても知りませんので。ただ細かな情報がしっかりと掲載さているので安心はしています。まさかプライムデーでこんなの見つけるとは...。


ちなみに私、スウィングとテレスコープ(+予備)、そしてハンズフリー・キャリア(専用ハーネス)持ってますので、当分買うことはないと思います\(^o^)/ そういえばハン”ズ”フリーではなくてハン”ド”フリーだそうです。ちょっとそれだけは頂けない\(^o^)/

素敵なおねーさん(*´ω`*)

190705

先週の水曜日も忙しく出かけてきました。歯医者行ったり区役所行ったり、そして先週のblogに書いた重度障害者通勤対策助成金のことを調べに出かけて来たのです。私が見つけた書類は厚生労働省のものということがわかり、早速、重度障害者通勤対策助成の問い合わせようとしたところ、どこに電話して良いのかが分からなかった…。困るよねー。


仕方がないので厚生労働省のHPの中で相談できそうな場所を探したところ、総合労働相談コーナーというのが見つかりました。その中から一番近そうな場所を探すと、区役所から目と鼻の先のビルに入っているのがわかりまして、国民健康保険を返納するついでに寄って、詳しい話が出来そうなところ、窓口などを教えてもらおうと思ったわけです。


総合労働相談コーナーということもあり、明らかに場違いの雰囲気。行政指導や労働問題、そして労災と、よほどブラック企業にでも務めていなければ、縁のない場所? まー、そんなところへ杖突いたおじちゃんが入っていったわけです。区役所で暴れたじーさんの影響をモロに受けて、11:30には着けると踏んでいたのに、すでに12時を回っていた。


そういえばキレてましたねー。キレッキレでしたわ(~_~;) 役所のねーちゃんも初めは丁寧に抑えようとしていたみたいだけど、ますますエスカレート、うるせー黙ってろ、パチーンとやったわけ。その瞬間、大きな声でぶたれましたー、警察呼んで下さーい! はいアウトー。その後はね。警察呼ばれるまでブチ切れですわ。職員がすみませんねーと。

190706

全く、困ったじーさんだったな。キレる高齢者が増加中を絵に描いたような人だった。何訴えていたのかな。健康保険のところで…。そうそう、総合労働相談コーナーでした。お昼すぎに入ったので、待たされるかなと思ったのですけど、奥から若いおねーさんが出てきまして、先週書いたblogを見せて、このことでお聞きしたいことがあるのですがと。


そのおねーさん、筆記用具取りに行き、私が話すことを全てメモをしていく。ちょっと感動した。区の障害福祉課の奴らに爪の垢を飲ませてやりたいわ。まじで。ここにたどり着いた経緯を話し、完全な場違いかもしれないけど、同じ厚生労働省の窓口ならなにか連絡先でもわかれば嬉しいと伝えたところ、わかりました、お時間ありますか? はい、あります。お休みのところ大変申し訳ありませんと伝え、後ろのベンチで暫く待つことに。


数箇所に電話を入れて話しているのが聞こえてきた。5分もしないうちに、資料を手にして私の元へやってきました。その資料には担当部署と直通の連絡先が手書きで書かれていた。こちらへ電話、直接していただければ詳しく教えてくれるそうです。17時まででしたら本日でも大丈夫です👍 何この天使。まじ区役所とは大違いじゃん。惚れるね。


多分、自分の顔を見ていたら満面の笑みで『ありがとうとございます』と言っていた。想像通り顔にはなっていなかったかもしれないけれど。気持ちは満面の笑み(・∀・) 実は区役所の障害福祉課でも駄目、東京都も駄目でちんぷんかんぷんなことばかり言われて諦めかけていた。本当にありがとうと。失礼ですが、ここの管轄は何処になりますか? おねーさんはどこの部署の方ですか? と訪ねたところ、国の管轄で私は労災課ですって。


私も先月から晴れて正社員になりましたので、今後なにかありましたらお世話になることもあると思うのでそのときはよろしくお願いします! って言ったら、なにもないほうが嬉しいですかねって。あっ、労災課だから。そうでしたね、では何も無いようにがんばります。お礼をして外へ出ました。この気持ちよさは何でしょうね。ホント元気を貰えた。

190707

連絡はこのblogが更新される水曜にする予定。当日は間に合いませんでした。総合労働相談コーナーのあとは川崎へ向かい、新しく出来たモンベルへ。この時期は流石にエドウィンの暖パンでは耐えられません。通勤時はベージュのWILD FIREで仕事していましたから。未だに寒さと戦っていますが、外で歩くのは流石にしんどくなっていまして…。


薄くて通気性の良さそうなパンツを探しに行ってきました。ある程度HPでめどを立てて向かったのですけど、種類が多すぎてちょっと混乱します。ストレッチ ライトパンツを買おうとして探していたところ、ちょっと仕事で使うのには見た目的に違うなーとなりまして、別のものを探します。ビジネスパンツっぽいやつにしないと意味がないのでね。


コレなら良さそうと見つけたのがハイキングパンツです。早速試着をすることにしました。モンベルのパンツはMサイズでも入るのですけど、ボタンではなくてパチンと止めるスナップボタンがほとんど。Mサイズだと片手だと閉じるのがけっこう大変でして余裕を持ってLサイズに変更。単に太っただけなんですけど(^_^;) ずいぶんと楽になりました。


無理やりだったんだろうな。Mサイズだと利き足の太ももがきつくなってきたし。こっちは筋力が付いたから(^_^;) Lサイズで正解。モンベルはL-S、L、L-LとLサイズでも長さが3種類あります。ウエストに余裕があったのでL-Sにしてみると、裾上げしないでちょうどよかった。お買い上げ決定です。普段用としてカーゴパンツも購入してきました。


お会計の際に財布を取り出そうとキャプチャーに付いているカメラをテーブルの上に置いたところ、店員さんが、変わったレンズ付けてますねーと言ってきた。聞けば、EOS-5Dと富士フィルムのX-T1持ってるとか。5Dはプロも使う高い機種。あんたこそ変だよと言いたかった…。左手で撮るにはこのボディ、ツァイスは60mmで軽いし寄れるからと。APS-Cでフルサイズのレンズ付けてるのがよほど珍しかったのだろうな…。

190708

ここ最近、ずーっと左手がピクピクとよく痙攣している。ちょうど肘から下の辺り。多いときは一日中、ピクピクとかなりうざったい。手先がプルプルするほどではないにしても集中している時にピクピクされると、気になって腹が立つ。先週の金曜日、朝起きたときはなんとも無かったのだけど、会社に着いてしばらくしていると、首から背中にかけて変な違和感を感じた。左ひじもピクピクが始まると、一気に気分が悪くなる…。


気分が悪くなるのは不安からくるもので、痙攣だけなら良かったものの首周りがどうもよじれるような感じで、顔が持っていかれそうな感覚になる。その時思ったのが『てんかん』。そーなると駄目だな。不安が一気に押し出してきた。職場でてんかん発動したら、同僚は対処できるだろうかと、対処法を調べる。その間、左手の痙攣は続いている…。


頭の中がパニックになり、落ち着きというものが無くなってしまった。上司にちょっと大学病院行きたいのですが、ちょっとてんかんのようでもあるし、痙攣も止まらないので、ちょっと行って午後出社に変更できないかと。このところ欠勤や早退もないので、部長さんはてんかんというキーワードにちょっと驚いたようで、すぐ行ってきてくださいと。


タクシーを呼び、大学病院へ直行しました。初診ではないけど、紹介状が無いと5400円取られるというので、慌ててかかりつけ医に行くのですけど、よりによってスゲー混んでます。11時までに大学病院に紹介状持って戻らないといけないのですけど、可能ですか? と。無理と言ってくれればよかったのに大丈夫ですと言われたので待つことに。


自分の中でリミットは10:30。電車に乗って一駅、そこから歩けばギリギリで11:00。10:30になっても呼ばれる気配がしない。仕方がない実費で行くか診察断って大学病院に戻りました。肘がアイ~ンとなるくらいまで猛ダッシュ(~_~;) マジふざけんなあのハゲ野郎。無理なら無理と言えよな。すみませんじゃなくてさ。そのための確認だったのに。

190710

まさに並んだ瞬間に受付終了。危なかった。大慌てしていたせいで痙攣は収まらなかったけど、首周りのねじれる感覚が無くなっていた。ほらまただ。診てもらいたいときに症状が収まるという嫌な状態。受付で脳神経内科脳神経外科の両方にチェックを入れていたので確認された。過去に一度てんかんで気を失い、なんとなくそんな傾向が出まして。


どっちが良いのかがわからないと。はっきりとしたてんかんの症状であれば、かかりつけ医に紹介状書いてもらって予約を取ってからのほうがよろしいのではと。看護師からの意見だそうだ。今から受け付けてもかなり遅くなるしお金もかかってしまうから、かかりつけ医が近所だとわかっていたので、まずはそちらで診断を受けてからと説得された…。


たしかに、疑いは自分の感覚だけでしか無いから仕方は無い。だけど痙攣に視覚障害もたまにあり、あとで調べると予兆として十分有り得る話じゃんか…。このまま会社に戻るわけにも行かず、再度かかりつけ医へ。一番最後でいいからと伝えて席に座る。しばらくしてから呼ばれ、開口一番、スタッフの指導の徹底をお願いしました。怒ってます(-_-;)


結論から言うと、てんかんは逆の脳、右脳なら左手に痙攣が出てくるのなら分かるけど、左脳だから可能性は低い。MRIは一年経つのでやっておきましょうと。右の大脳半球に所見がないのか、脳波に異常がないかを調べてみましょうと。痙攣していたり視覚障害の原因が分かるかもしれないのでと。もう一年もMRIやってなかったか。それも驚きだな…。


京都の某女史と違って、ヘッドホン付けずにMRIで寝る男ですから。ワタクシ。本当は寝るのは良くないみたいなんだけど、ついつい寝てしまうこともあるんだよねー。もしも何もなければ脳波のチェックとなる。あれ確かスゲー長かった記憶があるんだけれど。いつやったんだっけ? やってなかったっけ?? 記憶があったのか無かったのか。わからんなー。blogに書いていれば検索かければ出てくるのだけど、てんかん波しか出てこない。


とりあえず、本日は歯医者行って差し歯作り直しをしてから、MRIです。そして帰ったら重度障害者通勤対策助成のお話を聞いておかないとね。せっかく素敵なおねーさんに教えてもらったのだから。助成が利けば嬉しいけど、多分無理そうな気がするんだよね。就職したわけではないので、パートから正社員になっただけだから。どうなることやら(^_^;)

190709

気がつけない(T_T)

190701

先週からずーっとこんな感じ。まさに梅雨らしい状況です。週明けになってまず心配するのが、その後の週末は晴れるのかどうかの話ばかり。どうやらまた雨となると、モチベーションがちっとも上がらないという…。しかも週のスタートが雨になるとね…。ダブルでうんざりしてしまいます。出社して雨ですねーと言った後に、帰りてー。と皆が言う…。


私はまだ水曜日が休みなので救われます。その水曜日、予定をフルに詰め込んで行動してきました。朝から区役所へ出かけ住民票の写しを取り、マイナンバーカードの申請。住宅相談窓口で賃貸の保証人、火災保険の助成の手続き、国民健康から会社の社会保険への切り替え手続き。さらにバスの定期購入、そして床屋、最後に東京駅で買い物と結構な数。


マイナンバーカードは作ることにしました。以前、身分を証明するものとして障害者手帳でなんとかなっていましたが、稀に、手帳では駄目と言われることがあった。保険証でも良いようなんですけど、○障などの紙なども入っているのでかさばり、カバンの奥にしまってあり、すぐには取り出せない。免許証サイズが一番取り出しやすいと考えたわけ。


窓口でどうすればいいか確認すると、基本は予約だけど空いているから今なら出来るという。予約するほどのことなのかなーと、尋ねると写真を撮るというじゃない。ちょっとまって、このあと床屋行くからそれからでもいい? 戻ってくるのは何時が尋ねられる。13時には戻ってこれると思います。ではその時間でお待ちしていますと言われた(;・∀・)


床屋へ行く前に2件ほど別の部署で手続きを行った。今回のメインである住宅相談窓口の助成の手続き。大田区では『保証人が確保できない方への援助(住宅確保支援事業)』として、保証料と火災保険料等の一部を助成する制度があり、区の協定先保証会社の加入であれば保証料、火災保険料はほぼ助成が効くようです。所得も確認されますが、私のような薄給であればまったくもって問題ないようです。担当者に聞くと満額で戻ってくるとか。


満額なら3万円戻ってきますから、とても大きいです(*´∀`*) 前回の更新時に知っていれば苦労しなかったのにねぇ...。こーゆー情報は自分で調べるしか無いという。それともケアマネ付けてればこのような情報も入ってくるものなのだろうが...。まぁどちらにせよ付ける必要なしと自分で判断しているのだから仕方がない。付けるべきなのかしら??


そして別のフロアで国民保険の切り替え。これは会社の社会保険が届いてからコピーして郵送でオッケーとのことだったので、記入用紙をもらって、急いで床屋へ向かいました。幼少の頃過ごした元地元、寂れた感じの理髪店。浮気すること無く通い続けているという...。美容院、なにそれ。そんな感じです(^_^;) 昔から時代の流れに逆らってるわね。


珍しく先客がいた。翌日から雨の予報が出ているらしく、晴れているうちに来たと言うおじいちゃん。これで昼食の予定が無くなってしまった。地元の中華屋へ行きたかったけど、おじーちゃん待ちで行く時間が無くなってしまった。約30分ほど待って私の番。いつもので、そして思いっきり短くと伝え、後はお任せ。1時間でちょうど終了した。

190702

ブーニーハット被りたかったけど、潰れた頭で写真に映るのは嫌なので、日差しが強い中むき出しで頭を放置プレイ。普段から被り物しているので、違和感が半端ない。バスに乗ってまた区役所へ。12時50分に到着したので、時間つぶしに障害福祉課でちょっと質問をした。障害者手帳のIC化はその後どうなりましたか?と。担当者は聞いて入るけど、まだ東京都から何の連絡も無いという。実用化はまだまだ先のようですね…。残念です。


13時ジャストで窓口に向かい、名前を呼ばれて書類にサイン。奥の部屋に連れて行かれ。椅子に座れという。どうやら写真を撮るようなんだけど、ノートパソコンの上にセットされたとても小さく、解像度も高いとは思えないWEBカメラ。まさかこれですか…。座る位置とカメラの位置もおまけ程度にガムテで貼ってはあったけど。ズレまくり。


3枚撮られ、モニターで確認させてくれるのは良いのだけど、顔が正面になってないけど…。良いのかねコレは(^_^;) まーどーでもいいや。自分のα渡してコレで撮ってよと言いたくなったけど、黙っていることにした。面倒くさいから。完成後は連絡が入り、また区役所に来て手渡しとなる模様。免許証だって郵送出来るのに…。なんだかなーと。


その後はお昼をガッツリと食べ、再度、区役所に向かいます。実は手帳の話をしたときに、確認したいことがあったので、問い合わせをしてもらうことになっていた。食事前に寄っていれば戻る必要も無かったのですが、まんまと記憶障害にやられてしまいまして。慌てて戻ったわけなんです。問い合わせていたのは障害者就労で10年間家賃助成みたいなの。以前、高次脳機能障害の知り合いから聞いたことがあったような気がしまして。


それがどのような手続きを進めれば良いのか分からなかったので確認をしたかった。自分のような状態でも受けられる資格があるのかとか、そのような話を確認したかったのですが…。初め出てきた人は、大田区で無いのは分からないという。ちょっとカチンと来まして、障害福祉って謳っていながら、大田区でやってないからと、障害者を見捨てるんですか? と、わからないから頼っているのですよ。困りましたね、誰に頼れば良いのかと。


東京都なのか国なのかすらわからない状態ではあったけど、障害者雇用、10年と家賃助成で普通は情報持っていてくれてもいいのに。結局若いニーチャンに変わったものの東京都の窓口で確認してくださいと。おいー、仕事しろよー。良い金額のボーナス貰ってるんだからさー。わかりましたと、資料をもらい役所を出ました。全く当てにならん(# ゚Д゚) 家帰って調べたら出てきた『重度障害者通勤対策助成金』コレでしたわ。使えるのかな?

190703

あとで調べて総務と会社の社労士に相談してみよう。その後はバスの定期、6ヶ月分を購入。もちろん手帳見せて。3割引はでかいです(*´∀`*) そして最後の東京駅へ。品川駅を過ぎた辺りから腹の具合が急変。東京駅まで持つか持たないかの危機的状況(~_~;) またしてもオイリー汗。東京駅ならトイレの数も多いと踏んで、何とか耐えることにした。


東京駅に無事に到着して、すぐ近くのトイレに駆け込む。だれでもトイレ的なやつは使われてたので、通常の便座に飛び込んだ。トイレは綺麗でした。さすが東京駅と思ったのもつかの間。便座が低いと感じた。座ってみると案の定低い。まじかよ。腹が痛いのに踏ん張りたくても踏ん張れない…。脳出血後は座面が低いと全く用が足せません…。辛いの。


せめて、だれでもトイレや車椅子用トイレなら座面も高く落ち着いて用が足せるのに。通常のトイレでは全く意味がない。落ち着くまで何とか耐えて、別のトイレを探しに出かけます。地下に降りるとロッカーもトイレも空いてると言うのは京都で学んだこと(^_^;) 東京駅の地下に降りれば綺麗なトイレがガラガラでした。障害者用化粧室も空いていた。


やっとですよ。開放されるのが。辛かったし、よく耐えた(´;ω;`) このカラダになって一番つらいことはなに?と聞かれたら間違いなくトイレ事情と答えるだろう。手が動かないとか足が痛いとか、気圧で気持ち悪いとか…。そんなものなんてトイレの悩みに比べたら可愛いもんだよ…。通常でも大変なのに下痢とかになると恐怖としか感じない。


朝から活発に動いていたけど、モンベルの腹巻きはしていたものの半袖のシャツで、汗をかき、冷房に当たりまくっていたカラダ、悲鳴を上げているのに気がつけなかった(T_T) 自分がなぜ東京駅に来たのか忘れかけていましたが、目的のグランスタ丸の内に向かいます。改札を出てすぐの茅乃舎。誕生日の近いネーサンに頼まれたプレゼントを買いに。


海外も通販で買えるようですが、かなり高いそうで。日本系のスーパーだと倍ぐらいになるみたい。高くて手が出せないと嘆いていた。定番の茅乃舎のだし、30袋入りを購入して帰ることにしました。まだ、お腹の具合が怪しかったので、何処へも寄らずまっすぐに。家について軽くご飯。抑肝散も飲みたかったけど、下痢してるから止めておこうと。


翌日も腹の具合がどうも落ち着かない。何度もトイレ行ってはウーンと唸っていましたわ…。そのうち気圧の影響かわからないけど自律神経がおかしくなって頭だけ熱があるような感覚が続いていた。やっぱり抑肝散飲んでおくべきだった。下痢止めの薬を貰って、やっと落ち着きつつありますが、週末は何もせずに休んでいました。こわいものね。


ネーサンには仕事で使うダンスコのサンダルをAmazon.comで購入して、日本からは茅乃舎のだしと乾麺、カステラ、ジャムサンドなど救援物資をEMSで発送。初の4kg超え(^_^;) 送るものと送料があまり変わらないという...。でもまー、FaceTime越しで嬉しい顔を見せてくれるだけで、元気が出ますから。ネーサン誕生日おめでとう\(^o^)/

190704

地域密着型渓谷(*´∀`*)

190633

いよいよ始まりました。一般職。会社との契約が変わっただけですが、気持ちは大きく変わりました。何よりも日給制から月給制に変わったのが最も大きいです。これまでは祝日の多い月とかは、嬉しい半面、給料が少なくなり素直に喜ぶことが出来ませんでした。ある時期から特別雇用枠として祝日のある週は水曜日出勤出来るようになりましたが…。


これが月給制になったことで祝日であれば週3日の勤務で済むようになり、給料も変わらないという。ありがたいことです。他にも自分で払っていた国民健康保険から社会保険、そして僅かではあるけど退職金の積立が始まりました。この年になって会社のメリットをヒシヒシと感じております。知識のない自営業は大変でした。全部自分持ちだったし。


これまでは16時30分で終業だったのが皆と同じ、17時30分に変わりました。同僚がたった1時間だけど違うかもと心配してくれましたが、集中力は落ちることもなく通常通り。帰りの電車もラッシュを心配されましたが、優先席を大きな声で譲ってもらう私にしてみれば、まったくもって問題ありません。そもそも声を出すほど混んでないというね(^_^)


まだ一週間経っていませんが、このまま続けていけば、週5のフルタイムも問題なさそうです。やっと5年落ちの低スペックPCから、最新式のワークステーション買ってくれるみたいだし、動作の重い3DCADなどもサクサク動いてくれるだろう。ちょっと複雑な形状になると画面が白くなってしばらくフリーズ。最近ブルースクリーン出るようになったし…。


仕事面のストレスはかなり軽減されるだろうな。見た目ではわかりにくいかもしれないけど、口には出さずに耐えてきたことが、かなり少なくなってくるはずだ。メンタル面も含めてね(*´∀`*) メンタルといえば自律神経はどうなんだろう。最近は『抑肝散』飲んでいるので極端にひどい状況に陥ってない。たとえそれがプラセボ効果と言われてもね。

190634

先週、定期検診でかかりつけの脳外科に行った時、この抑肝散を梅雨明けまで2週間ほど頂けないかと聞いた。気象病に効果的と書かれていたのと、しゃっくりの時、瞬殺で収まったことをあげて、自律神経を抑え込むのに自分には向いていると訴えたのです。それなら一月分出しましょうとなりました。ホントこのドクターには感謝の気持ちしか無い。


他になんかある? と聞かれたので、この間に行った富士山五合目の話をした。それまで普通だったのが突然、頭がズーンと落とし込まれるような感覚になった。おかしいと思って気圧見たらすごい気圧だったと。常に気圧を見てたわけじゃなくて、おかしくなったから初めて見た。ここ大事。常にモニターしてたら先入観で調子が崩れることもあるから。


脳出血した人間は血管が脆くなっているイメージがあって、気圧が下がれば簡単にパーンと逝っちゃうんじゃないの? 登山とかやっぱりやっちゃダメなんですか? と聞くと、そんなこと言ったら飛行機で移動したらバタバタと倒れてしまうよねと。ジョキング好きの人だっているし、脳への衝撃ったら結構い凄いでしょとも。まー確かにそうだな(^_^;)


正直なところ、脳卒中患者の登山者率取ってるわけではないけど、あまり聞いたこと無いよって。むしろそんなことで脳卒中患者の行動範囲を狭めたくないじゃない。ジョギングもだめ、高い山も行っちゃだめとかさ。ひーるさんだって、そんなの嫌じゃない? ジョギングは出来ないけと行動範囲を狭められるのは嫌ですねーと。高いとこも嫌いだけど。


脳卒中患者のその後の統計が取れてないのはちょっと驚きだった。気圧の低いところは問題があるのか問題がないのか、せめて納得の行く答えがホントは欲しかったけど。とりあえずは大丈夫そうなんだなと。帰ってちょっと調べ物。京都・大阪の帰りは飛行機に乗っていた。ボーイング787に乗った。カーボン機体の恩恵で気圧差が少ないとも書いた。


実際にどの程度だったのかがとても気になりました。一般的な金属製機体の飛行機だと約2400m前後。気圧的には富士山五合目だそうだ。それがカーボン機体の787だと1800m前後で富士山の三合目だという(マイナビニュース)。笑ってしまう。奇しくも富士山五合目はアウトで富士山三合目はギリセーフ。京都・大阪は787乗って正解だった(^_^;)


もし、飛行機で具合悪くなる人がいたら、次はボーイング787か国内線デビュー間近のエアバスA350に乗ることをオススメします。バスタ新宿から出ている富士山五合目行きのバス乗って終点まで問題なく行けたら何乗っても大丈夫だろうけど。気圧に苦しむ人が結構居るみたいなので。気圧だけでもないし、カーボン機体は。何よりも格好いいから。

190635

梅雨ですね。本当に鬱陶しい梅雨ですね(´・ω・`) 平日の出勤は晴れて土日は雨より、平日が雨で土日が晴れてくれたほうがいい私がいます。散策できないのが何よりもストレスとなりますから。でも湿度に何処まで耐えられるか...。本当に鬱陶しい。土日が天気悪いから、水曜日の休みを利用して朝から散歩。通勤ラッシュ前の散歩に出かけました。


東急線の駅に大きなポスターが貼ってありまして。50年近く東京や神奈川に住んでいましたが一度も行ったことのない場所。都内で唯一の渓谷、等々力渓谷へ行ってきました。写真を撮りに。渓谷なら少しは涼しいだろう、平日の朝なら空いているに違いないと。普段より早く家を出て。7時前には等々力駅に到着しておりましたわ。おじいちゃん化w


駅からすぐなので、間違えることもなく到着。雲はあるけどそこそこ天気の良い日でしたが渓谷内はまだ薄暗い。階段を降りたところに試練が待っていました。遊歩道狭くね? と。奥多摩へ渓流釣りに出掛けたときのような危険は感じないにしても、片麻痺で杖を突き少しだけワイドになる歩き方では、なかなかどうして慎重にならざるを得なかった。


その後、すぐに広くなったのでホッとしましたが…。ちょうど7時を過ぎた辺りだったので通勤されるサラリーマンが結構歩いていてちょっと驚きました。地域密着型渓谷w 通勤で渓谷通ってきてますとか、なんか格好いい、かな? (^_^;) でも涼しいルートではありますから、多摩川方面から等々力駅に向かうのなら私も利用したくなりますね(*´∀`*)

190637
190636

渓谷といってもちょっと木が生い茂ってるかなって程度で、特別立派な滝とかは無くてなんとも言えない微妙な感じ。とりあえず歩いてみたけど。結構すんなり一回り出来た。行って帰ってきて約1kmちょい。不動滝という名前だけの滝を見て帰ってきただけ。あとは遊歩道に見えなかったので帰ってきましたが…。でもまー、基本は撮影会ですからね。


ワンコ待ちだったり、モデル待ちだったり、人が居なくなるの待ったりしながら、のんびり過ごすことが出来ました。帰りは通勤時間がピークを過ぎたとはいえ、まだ未知の時間帯でもあったのでバスに変更して田園調布経由で帰ろうかと。田園調布でなんか食べて帰ろうかなとも考えたけど、立ち食いそばや吉牛らしきものは見当たらない…。カフェ…。


性分じゃない。仕方がないので田園調布から洗足行ってロンシェールのパンでも買おうとした。水曜日は定休日か確認するためにiPhoneで検索かけると…。廃業の文字が目に入った。えっ嘘でしょ。人気だってあったし、ここの明太フランスは今まで食べてきた中では最高のパンだった…。クリニックの当事者会によく持っていったパンだったのに…。


スゲーショック。最近はなかなか早い時間に寄ることが出来なくていつも売り切れていることが多かったし、行く機会も減ってしまっていた。ちょっと調べると、今年の3月の廃業していたようです。しかも不況のアオリとかじゃなくて後継者が居ないという理由で廃業の道を選んだそうな…。切ないね、ずーっと続くと思っていたのに。ホント悲しい。


あの明太フランスの写真を綺麗に、より一層美味しそうな写真を撮りたかった(TдT) ほんと悔やまれる。お気に入りの中華屋さんに続くショック。誰も継がないならオレがってなるもん。このカラダじゃどうにもならんけど...。美味しいと感じている店は定期的に行かないといけませんね。予約してでも行かないと。まずは一般職記念にゆっこだな。

190632

16年越しの再会

190623

梅雨入りしてから、なかなかしんどい状態が続いております。湿度もそうですけど、気圧の変動と気温差。コレは脳卒中を経験した人なら、同じような症状で悩んでいる人もいるのではないですかね。発症前なんて、気圧なんて気にもしなかったし、山登ってもちょっと空気薄いな程度。ましてや自律神経がおかしくなるなんて想像もしていませんでした。


これらの気象病と言われるような症状。一生付きまとうのかと思うとただひたすらに萎える。ため息しか出ませんよ。そうはいっても、少しでも改善できないかとマッサージしてもらったり、ナウゼリンプリンペランの薬を処方してもらったりしていますが、なかなか決定的な解決には至らないですね。マッサージで体調が悪くなることだってあるし…。


現在、マッサージの施術は指圧などのカラダの一部を押し込んだりするようなことはしてもらわずに、テルミーを使った温熱刺激療法をしてもらっています。これだと、変な揉み返しなども無くて、カラダが温まります。お灸みたいなものですから。カラダへの負担は少なく感じます。鍼灸師の腕の差が現れにくいのもかえって良いかもしれないですね。


先週も、出社してはどーやって乗り切るかなと、思いにふけっていました。たまたまその日に見たウェザーニュースで気象病には耳の体操が効くとか言っていたので、やり方を調べていると、そこに見慣れた漢方の名前が一緒に書いてありまして。『抑肝散』(ヨクカンサン)神経の高ぶりを抑える漢方。自律神経を整えるのに効果があると言うじゃない。


実はこの抑肝散。以前しゃっくりが二日間止まらなくなり、かかりつけ医に泣きついたときに処方された漢方。しゃっくりに効くとかは一言も書いてなかったのだが、飲んでからはピタリと止んでしまった。私のカラダにとても良くマッチしている漢方なんですよね。自律神経にも有効とか聞いてなかった。聞いてて忘れていただけかもしれないけど…。


年末年始、しゃっくりが止まらなくなったら嫌だといって、一週間分処方してもらっていた抑肝散。一番つらい時期に飲むことにしました。今はいい感じです。先週の土曜日の気圧(990hPa)にも耐えることが出来ましたし、少なからず効果があるような感じがしています。眠くなる西洋薬と違い、仕事中でも使える漢方はホント助かりますね。薬ですから合う合わないはあると思いますが、気になる方はかかりつけ医と相談してくださいね。

190624

週末は雨の予報でしたので、水曜日の休みを利用して出かけてきました。向かったのは北鎌倉。鎌倉駅の一駅前です。平日なのにも関わらず、結構な人混みでした。晴れているわけでもないのに...。普通は北鎌倉で降りる人より鎌倉まで行く人のほうが多いのに、この時期は特に降車する人が多いですね。この時期とは梅雨ですが、梅雨といえば...。


紫陽花を観に行ってきたのです。観に行くというよりも撮りに行ったと言うほうがあってますね(*´∀`*) 北鎌倉で最も有名な紫陽花のお寺『明月院』、10年以上前に鎌倉市の外れに住んでたことがあり、それ以来の訪問となりました。いやー混んでましたわ。大渋滞(;´Д`) クルマじゃなくて人が。ゆっくり構えて撮ることなんて出来なかった…。


北鎌倉駅で降りた人のほぼすべての人が明月院経由で鎌倉界隈を観光している感じ。障害者手帳を提示して、名前を記入すれば無料(6月は500円/一般)で入場出来ましたが、境内に入ると到るところで撮影会が開始されていた(´・ω・`) 来ている割合は80%ほどがマダム。残りがカップル、ごく一部が私を含めたカメラオタク…。場所取りの争奪戦…。

190625

いやー、勝てませんわ。ババァマダムのふてぶてしさには。場所が空くのを待てども待てども次から次へババァマダムが押し寄せてくる。誰だよケータイにカメラ付けたやつ…。昔なんて、「まぁ、きれいねー」とかで済んでた。それが「あらこっちからのほうが良いわね、あんたもっとこっち来て」とかパシャパシャやってるじゃん。どーでもいいわー。


まー、それは私も含まれるのですけど、節操なさすぎる横入りや場所の占有などそーゆーことはしませんからね(=_=;) なるべく人が集まらない場所、少し寂れた場所でなんとか構図を変えて撮りましたわ。何が嫌ってさ、ババァマダムが恥じらいもなく大きなポーズや可愛さアピールするような仕草? 目に入るだけでイタタタタって。辛かったわ(=_=;)


あんまり書いていると、怒られそうなので止めておきます。手遅れだけど…。まー楽しかった。16年前に撮った写真。昔の場所を探してコンデジではなくミラーレスで撮ってみた。たった3MPの画素数だけど、昔撮った写真のほうが雰囲気あるとかどーゆー事?? まだまだですね。一向に上手くなる気配がない。それが楽しいのだから仕方はないね。


当時はネーサンもまだ若く、いろいろな場所へ出かけたなーとしみじみ。紫陽花をバックに撮った写真が数枚、外付けHDDからサルベージができて、今その写真と一緒に並べては思い出にふけっておりましたわ(^_^) 驚くほどの長髪デブ、ヘビメタバンドのローディーと間違えられていました...。16年ぶりの再会です。紫陽花も長髪デブも\(^o^)/

190626

前回最後に書いたハイドレーションの続報です。モンベルのアウトレットに使い勝手の良さそうなハイドレーションシステムがあったと書いたやつ。届いたので簡単にインプレッションしますね。ハイドレーションで最もメジャーなキャメルバック製。0.6、0.75、1.0Lの3種類からサイズが選べるエディボトルと、ハンズフリーアダプターのセット。


ボトルはストロータイプで吸い込む際に、ストレスは感じられないと思います。プラティパス+ペットボトルでは吸うたびにペットボトルが変形していくので、吸引力が試されます。チューブとバイトバルブの構造はプラティパスと大きな変更は無いです。ボトルとのジョイントが押し込みか、ねじ込みの違いくらいです。また、ボトルと装着したあと、プラティパスのように逆さまに入れる必要がないです。ストロー式ですから(*´∀`*)

f:id:healxheel:20190616205152j:plain
チューブが1280円でボトルが1190円。税込みで2670円也

私は多分使わないと思います。それは何故かと言うと、プラティパス+ペットボトルで十分事足りてしまうから。エディボトルの一番のネックは洗浄。特に私の家ではストローまで洗うのが面倒。飲み物も麦茶と決まっているので、ペットボトルを箱買いするほうが遥かに楽なんです。それなら、エディボトルではどのような人に向いているかというと…。


一番メリットを感じるのは食洗機を持っている人。エディボトルは食洗機対応なのです。これだけで問題解決ですよね。手間いらずですから。そして自由に飲み物を選ぶことが出来る。コレも大きなメリットです。そして最後が、器用でない人でもセットが簡単です。プラティパス+ペットボトルではキャップ部の締め付け加減が適当では必ず漏れが発生してしまいます。片手での締め付けになるので装着時の事故率が高くなると思われ…。

f:id:healxheel:20190616205229j:plain
f:id:healxheel:20190616205251j:plain

f:id:healxheel:20190616205310j:plain
凹み箇所にチューブがしっかりと嵌合する
f:id:healxheel:20190616205339j:plain
しっかり嵌合して無理やり引っ張らなければ外れることはない

その点、エディボトルはハイドレーションシステムとボトルとの併用が可能、ハイドレーション時はチューブを押し付けてしまえば完成というお手軽さ。口の大きなボトルですから飲み物を注ぐ際にとても安心して注ぐことが出来ますから。心配なのはアウトレット商品ということくらい。特にハンズフリーボトルアダプターが終わったらおしまいです。


でもなー。ここまでやる人ってなかなか出てこないだろうなー。うちの会社でバイク(自転車)やっている人たちからはヒールには最適だねと称賛されたものの、なかなか散歩のためにここまでやる人って(´・ω・`) おーい、水分補給は大事ですぞー! ハイドレーションはバックパックについてると、無駄に格好いいぞー!! いいぞー(´・ω・`)

片麻痺のためのハイドレーションシステム

f:id:healxheel:20190609172022j:plain

前回、最後の方でハイドレーションシステムを紹介しました。反響があったわけではないのですけど、記録として残しておきたい、もう少しだけ紹介できればと思いました。ただあくまでも私の活動時の装備がメインとなります。限定的ではありますが、お付き合い頂けると嬉しいです。今回は片麻痺の水分補給についての考察をしようと思います。


前回も書いたことですが、これからのシーズンは行動する上で水分補給が重要になってきます。ちょっとした散策でも汗をかくことが多くなってきますから。片麻痺となった今ではジョギングや過度の運動はできないカラダになっているので、あえて今回は水分補給=水とします。スポーツ飲料が必要になるほど激しく動けるとも思いませんので。


ここで、私の装備品を紹介。と言っても、ただのバックパックです。ロールトップの安いやつ。アウトドア系のモデルであれば大抵は付いているチェストベルト。そしてショルダーハーネスに付随する小さなルーブ状のものが付いています。それとメッシュタイプのワンドポケット付き。言葉で書くと難しいですが実物を見れば別に大したことのない、ごく普通のバックパックになります。今回はこのバックパックをベースに話を進めます。


ハイドレーションシステムは基本、チューブ、そして水を蓄える1から3リットル程度まで入るバックがセットになったものを言います。メーカーも様々ですね。最も有名なところではキャメルバックが昔からよく聞いた名前です。正直な話、最近まではキャメルバック以外は聞いたことがありませんでした。そもそも関心が全くといって無かったですね。


このハイドレーションシステムに行き着いたキッカケというのが、これまでの水筒がどれもいまいちだったから。真剣に水筒に向き合うこともなかったので、好きなものを買ってはしばらく使ってみては、ちょっと違うなーと買い替えてきました。全て発症後の話。発症前は常にサーモスでしたからね。両手が使えていたらほぼ最強でした。サーモス

f:id:healxheel:20190609172043j:plain

ストロータイプのSIGGは洗浄が面倒で保温保冷が効かず。次に買ったのはクリーンカンティーンの保温保冷の効くインスレートボトル。口が小さいのと、開けるのに蓋が小さすぎて片手では開けられず、歯で噛んで開けていた。次はお気に入りのPELICANのドリンクウェア。保温保冷もできて口も大きく開けやすい。現在は自宅で活躍中です。最後は発症前に使っていたサーモスを新規で購入しましたが…。


それぞれ機能としは申し分は無いのですけど、片麻痺になったことで開けづらかったり洗浄が手間だったりと、普段使いには適さなかった。このあと紹介するハイドレーションシステムがそれら全てを解決してくれるとは思えないのですが、これまでのモノよりは少しだけ楽になります。基本は使い捨てですから。終わったらゴミ箱にポイッと捨てるだけ。


前置きが長くなりました。私が行き着いた片麻痺のハイドレーションシステムがこのプラティパスドリンキングチューブキットAmazon1620円。厳密に言うとハイドレーションシステムではなく、そのシステムに使われる交換用のチューブがメインとなります。これに市販されているペットボトルをセットしてシステムが完成するのです。

f:id:healxheel:20190609172056j:plain
インナー(青い部分)が動かなくなるまでしっかりと締めるのがコツ

最後に購入したサーモスは洗うのは面倒でしたが片手での飲みやすさは抜群、ツーアクションでゴクゴクと。バックパックにあるワンドポケットに入れて散策に出かけ、のどが渇いたな、水でも飲むかとなったときに、背負ったままでは取り出すことができなかった。結局、バックパックを降りしてサーモスを取り出さなければならなかったのです。


これでは、これからのシーズンは死活問題。特に私にとっては…。週末は何処かへ出かけてはよく歩く。水分補給がとても重要になります。昔ほどではないですが、今でも歩くときは1万歩以上歩いていますから。しかも歩きだすとなかなか止まらない。ペースが良かったりするとひたすら歩いてしまう傾向がある。これは私の障害が一因であるかも…。


結局、たどり着いたのがハイドレーションシステムだったのです。トレイルランニングする人達がリュックからチューブでゴクゴクする例のアレ。ただ問題が一つありました。水を蓄えるボトルに片手でどうやって水を入れるか。単純に水道水をためて水浸しになりながらも入れることは出来るかもしれない…。でも今更、水道水をそのまま飲めるかと言われると、まず飲まないです。出来ることならミネラルウォーターがいいです(´・ω・`)


ハードタイプのボトルなら水が入れやすいかもと思いましたが、コンパクトなものはなくて大掛かりなものばかり。カメラや三脚持って、更に2、3Lの水は背負えません。調べていると、このプラティパスのドリンキングチューブキットを使ってペットボトルを装着して使用しているという情報(Amazonコメント欄)を発見しまして。これだ! と。


結果は前回の通り。見事に片麻痺仕様のハイドレーションシステムが完成したわけです。更に調べると、いくつかのチューブがあるようです。ロゴスエバニューなど。一応、ペットボトル対応とか書いてあります。実際購入していないので使い勝手等は一切わかりませんが。ただ、余計なパーツやストロー式なのがちょっと気に入らない。個人的にね。


シンプルが一番。この手のものは特に。ペットボトルの口に合わせたアタッチメントは魅力ですけど、規格が統一されていないのにどれだけ対応しているのかわかりませんし。プラティパスはMADE IN USAです。もしかしてインチネジだったらどうしようか…。既に伊藤園の麦茶で使っていますけど、スーパーで水をいくつか購入して検証してみました。

f:id:healxheel:20190609172109j:plain

購入したのはボルヴィックいろはす南アルプス天然水の3種類。一般的に求めやすい商品かと思います。ちなみにエビアンは装着不可との情報があったので購入はしていません。個人的にはボルヴィックが好きなので付けばいいなと思っていましたが、ボルヴィック南アルプス天然水はキャップが合わなく装着不可。いろはすだけが付きました。


大きく違ったのが口の径でした。装着可能伊藤園の麦茶いろはすの場合は、飲み口の内径が共にΦ21.7mm。装着不可能だったボルヴィックはΦ25mm、南アルプス天然水もΦ25mmだった。肉厚は全て1.5mmでしたから、それぞれプラス3mmの外形になります(ネジ部の突起は除く) ボルヴィックや天然水が好きなら別のアタッチメント付きを購入するほうが良さそうですね。いろはすで十分と思うならプラティパスで良いですけど。

f:id:healxheel:20190609172122j:plain
左からプラティパス、いろはすボルヴィック、天然水。右2つはちょっと大きい
f:id:healxheel:20190609172134j:plain
ペットボトルの縁に当たる部分はΦ24.7mm。内径Φ25mmだと抜けてしまう

プラティパスのキャップを取り外して元から付いていたボルヴィックの蓋に、穴を開けてオリジナルを作ろうとしたとき、プラティパス側のキャップ内の青い部分を計るとボルヴィックの内径よりも小さく、上に乗らずにストンと入ってしまった。これだとキャップを締め付けたとしてもチューブが中に入ってしまって、ダダ漏れになる。縁に乗っかりキャップと同時に締め付けないと意味が無いのです。出来ると思っていただけに残念。


改めて見ると飲み口の径がこんなに違うなんて思いもしませんでした。わかったところで何かの役に立つとも思えないけれど(^_^;) ただの自己満足になってしまいましたね。普段飲んでいる伊藤園の麦茶が飲めただけでもラッキーでした。結論としては、このプラティパスのドリンキングチューブキットで使えるペットボトルは、飲み口の内径がΦ21.7mmで外形がΦ25mmのもの。ネジのピッチは気にしなくて大丈夫っぽいです。

f:id:healxheel:20190609190804j:plain

このペットボトルを使ったハイドレーションシステムは、前回も書きましたけど、飲み口は下に向くようにセットすること。そしていろはすが良いと書いた理由はペットボトル自体が非常に軽くて柔らかい事。これは吸引する際に硬いものより、柔らかいもののほうがスムースに口元まで運べます。通常のものはバキューム力が試されますので(*´∀`*)


ペットボトルがむき出しのままは嫌というのならモンベルペットボトルサーモカバーなどの保温保冷カバーを付けるのもいいでしょう。正直な話、気休め程度ですけど。無いよりはカッコいいってだけですが。また、バックパックにチューブに引き回す際に便利なのがタックタイのようなマジックテープ結束バンド。コレがあると便利です。余ったもの重ねて延ばすことも出来るし。そして口元の近くにマグネットクリップ。コレは最高です。

f:id:healxheel:20190609172224j:plain
f:id:healxheel:20190604195441j:plain

いつか同じような考えで、片麻痺でハイドレーションシステムを作りたいと思った人のために、この記録が役に立つことを祈ります。そうそう、難点が一つあります。洗浄もそうですけど(バイトバルブ以外まだ洗っていません)、これで薬飲むのはやめたほうが良いです。バイトバルブを軽く噛んで吸うのは口に何も含まないのが理想。錠剤を噛まないで口の何処かに寄せてから飲むのは至難の業です。慣れれば出来るかもしれませが(´・ω・`)

f:id:healxheel:20190609172242j:plain

月曜日にこのblogを書き終えた。ふとモンベルのWEBサイトを眺めてたらアウトレットにキャメルバックのコレコレがあった! アウトレットは盲点だったわ...。ぶち壊しじゃん(;´Д`) 頑張って写真撮って検証したのに...。まだ購入は出来そうなので、これから購入を考えている方は検討してください。私は速攻で購入して検証しようと思います。


※今回のペットボトルへの計測は右利き用のノギスで片手(左手)、そして隻眼(老眼)で計測しています。精度は怪しいですので、目安程度でお考えいただけますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

そこに山があるから(*´∀`*)

190601

さてさて、朗報が一つあります。勤続して5年を迎え、今月の21日付で晴れて一般職になります。やっとですよ。ホント長かった。何もできない片麻痺高次脳機能障害者にチャンスを与えていただき、やっと役立つ人間になれたと実感しています。5年の歳月が長いか短いかはわからないけど、私の状態で仕事をするということがどれだけ大変だったか。


こればかりは、同じ部位を出血し、一種一級の片麻痺、初期化された劣化仕様の脳になった障害でしか、想像することはまずできない苦しみがありました。それは同じ脳卒中を経験している方ならご存知と思います。苦しみは人それぞれですがね。頭下げて無理やり入った親族の会社。親族の好意で置いてくれたようなもんでした。特別雇用枠として...。


週4で7時間勤務。時給制だけど僅かなボーナスと昇給あり。そこいらの派遣よりはいい条件と思われます。分かっていると思うけど、週4日で7時間とかでは決して楽な生活はではないです。ましてや実家暮らしではなく、アパート借りて生活しているわけでして。障害年金は1ヶ月足りずで貰えないし。しかもそれに重度の片麻痺がついてきますから...。


この片麻痺から抜け出すことは一生無理ですけど、一般職になった段階で、少しだけ生活が楽になります。段階的にフルタイムに移行していくのですが、まず週4で8時間、時給制から月給制、手当が住宅手当がついて、国民保険から社会保険に切り替わる。中でも住宅手当と社会保険が特に大きいです。区民住宅並の賃料になりますからね(*´ω`*)


判断を早めてくれた会社に感謝です。責任のある仕事が貰えるようにもなりましたし、働いている実感がありますもん。これまでの何をすればいいか分からず、ひたすらCADの作業に専念。別に今すぐ必要でもない仕事をね…。それに賃金払ってくれていた会社に申し訳がなくて、やっと恩を返せる環境になった。頑張らねば。無茶しないで頑張るぞ!

190604

先週末はドピーカンで何処へも行きたくないと思っていました。実は23日木曜日に週末は暑くなるから涼しいところへ行きたいと話していまして。その日の朝礼で役員会で一般職がOKと報告があり、久しぶりに富士山行きたいと。天候もとても良さそうだったので。すぐにバスを予約をしようとしたら、既に満席。結局、その週末はスカイツリー…。


ネーサンが富士市に住んでいたので、富士山への思い入れもありまして。ネーサンの両親が亡くなった年に二人で登ったりもしました。登頂とともにネーサン大号泣、その後は疲労がピークになり意識を失っていました(^_^;) なにか記念にとかではないけど、行きたいなーと。6/1で予約を取っておきました。天気悪ければキャンセルもできるし。


結局、東京は厚い雲が覆っていましたね。富士山方面はというと、晴れのち曇り、まぁ雨じゃないから良いかなーと。普段なら東海道線で吉原まで行って、岳南電車富士市近辺を回るのですが、今回はバス。なぜバスにしたかというと、直通なんですよ。新宿から富士山”五合目”まで。乗って降りれば五合目とか世の中便利になったもんですなー(*´ω`*)


京王バスなので河口湖方面、富士急ハイランドも経由するバス。世界遺産に登録されてから観光客も多くなったそうな。13年前、ネーサンと登ったときは静岡県側の富士宮口、今回は山梨県側の吉田口です。景色が全く違いますね。静岡と山梨では。表裏なんて言葉使ったら怒られそうだけど、静岡をホームとするならば、吉田口はいわば裏の顔(^_^;)

f:id:healxheel:20190603193150j:plain

バスタ新宿から中央道、富士スバルラインを通って富士山五合目まで。土曜日ということもあって朝は若干渋滞していました。9時に出発して12時30分頃に到着。富士急ハイランドで3割ほど、河口湖駅で6割、残り1割が五合目まで向かいました。途中、富士山は雲がかかっていて頂上は全く見えず。天気は良かったのですけどね。山頂は見えません。


渋滞のときは少し眠ってしまいましたけど、道のりは順調に思えました...。いよいよ富士スバルラインとなり山坂道を進みます。ワクワクしつつも雲が多くて、着いたとしても何も見れないだろうなと思っていたときに、突然やってきました。頭がドーンと落下する感覚とでもいいますか、普段気圧が〜、と騒いでいた時の数倍の威力で襲ってきたのです。


『俺、富士登山(バス)でこのまま死ぬんだ』と本気で思いました。説明が上手くできない状況、吐きそうでもあり、だるさもあり、何よりも頭の中が混乱して軽くパニックに陥っていました。すぐにでも救急車を呼びたくなるレベル。それが五合目まで来てくれるのかと本気で考えていましたから。多分、向かってる途中で息絶えるんだと、真剣に...。気圧がモロに来て、交換神経と副交感神経のバランスが完全にぶっ壊れました...。


大失敗。富士登山はスタート地点で終了、歩き登ることはもう駄目なんだと。この苦しみを歩き出す前から耐えろと言われても無理な話。気圧に耐えることが出来ないカラダになっていました(T_T) 駐車場は数十台の観光バスが止まり、自分が想像していた以上の観光客でごった返してた。余計に降りたくない…。ヒルクライム馬鹿(褒め言葉)もいたし。

190605
190608

標高2305mの富士山五合目 吉田口。気圧をあとで確認すると、なんと770hPa。普段1000hPa前後でギャーギャー騒いでいる自分が馬鹿だと感じましたね。なんとか一歩踏み出して、登山口に向かいます。せめて写真撮らないと、何のために来たのかわかりませんから…。一歩一歩が重かった。気分は九合目付近のあの苦しさ…。しかも坂だし…。


飲水を飲んで吸う動作、階段をのぼる、よっこらしょと足を踏み出す動作、すべての動きに対して、力む動作をすれば血管が破裂して逝ってしまわれると。そのくらい酷い状況に陥りました。コレはただの妄想のようなもの。実際は全然そんなこと無かったんだけど(;・∀・) その時の私はとても緊迫した状況に置かれていたのです。まさにパニック。


登山道は通行止め。ちょっと先まで行きたかったが、仕方がないので引き返す。県営五合目総合管理センターにおまけ程度につけられた展望台、手すりのない階段を一段ずつ登って写真を…。真っ白やん。何も見えんし...。この時感じた”絶望” なんだよとムカムカした。その後ろで外人さん、多分ロシア方面の方が騒いでるので振り向いたところ...。

190607

一瞬の晴れ間で山頂が見えている。ぎゃーーー!!シャッター切らねばーっと。絞りも露出も選ぶ暇なし。連写してわずか五枚ほど撮ることが出来ました。三時間半掛けて撮った写真がこれだけとか、ちょっとさみしいです。なんとか目標は達成。後はひたすら気圧との戦いでした。休憩所でぐったりするも座っていると気分が悪いので立ったり座ったり。


14時の帰りのバスを待っていました。普段なら好奇心旺盛なので、少しくらいなら無茶な行動にも出ていたのですが、流石にあの時の状況では無理でした。自分との戦いの中で、よぼよぼのじーさんばーさん。明らかにデブでヤバめのアジアン観光客を眺めては、俺は大丈夫、先に逝くのは彼奴等と、ろくでもないことを言い聞かせ耐えていた(=_=;)


バスが到着し、すぐさま乗り込む。運転手は行きと同じ。もしかして何処かで休憩してました? と聞くとハイっていうじゃない。俺も一緒に休憩したかった。もっと低い場所に移動してもらって。帰りは乗る人少なかったです。スバルラインでは三合目とか看板があり気圧もぐんぐん上昇していく、三合目から二合目くらいで少し楽になってきました。


気が抜けたのか気圧が上がったせいなのかわかりませんが、急に睡魔がやってきまして、寝たら死ぬ、寝ちゃダメだ~と必死に抵抗したけど、簡単にポックリと逝った(´・ω・`)
起きたときはリニア見学センター付近。生きていることに感謝しつつ、お腹減ったとなりまして。富士山では何かを食べることは不可能でした。富士山カレー食べたかったな。

190606

帰りは渋滞もなくスムースに新宿に着きました。大江戸線に乗って帰ればお金掛からないなと思いつつも、早く帰りたい、というかお腹が減っていた。湘南新宿ラインが5分後に到着するのがわかり慌てて早歩き。気圧にヤラれてないとほんとによく動く。無事に乗れて西大井で下車。10数分で到着ですから、早くて便利です。西大井といえば、ね…。


GW中にチャレンジした時に予約で一杯で諦めた鳥ゆっこ。今度こそと、再アタック。開店時間と同時に突入すると、、、。またしても予約席の数々。ひーるさん、今日来る前に電話くれれば開けておけたのにーと。僅かの差で入れなかったようです。ホント残念。一般職記念で一人宴を開催しようとしていましたから。というか富士山残念賞のほうかな。


仕方が無い、大井町まで戻るかと。昔よく行ってた『ハピネス』行くかーって。嫌な気分を払拭出来るし、何よりも名前がハピネス(幸福)ですからね。そこは大食いの人たちが集いし店。特にカレースパが有名。でも私がいつも頼んでいたのはポークソテーだった。時間はちょっと掛かるけどとても美味しかった記憶があります。ただボリュームが…。


いやー、美味しかった。お肉も柔らかかったし。デミグラスソースもご飯にかけるだけで既に美味しかった。ただボリュームが…。何度も書いてますが満足感は半端ないと思います。まさにハピネス。ライスと味噌汁は半分残し、付け合せのパスタは全残し。あの量は食べられなかった。全部食べてたらハピネスどころか苦しみに変わっていましたわ(^_^;)

190609

今回の旅で実戦投入したNEWアイテムがありました。本来なら移動距離の長い歩行用だったのですけど、ちょっと我慢ができなくてバックにセットアップしていました。写真に収めるとやっぱり格好いいと自己満足。これまで水分補給、水分補給と口が酸っぱくなるくらい言ったり言い聞かせたりしてきました。特に夏場でも、よく歩く人たちにとっては。


水分補給が滞ると熱中症や下手したら血液ドロドロになって脳梗塞とかになったりする可能性があります。なので出かけるときは必ず水筒持参で出かけています。こまめに取れているかというと実は結構忘れがちだったりもします。カバンには入ってるけど写真や歩くことに夢中で忘れてしまっているとか、体調がおかしい、そうだ水飲まなくちゃって。


ショルダーバックなら比較的に水筒が取りやすいですけど、今のバックパックとなると、サイドポケットに水筒を入れておいても、一度背中から外してからでないと水筒にアクセスは出来ないのです。出来る人いるかも知れないけど私は背負ったままでサイドポケットに手は届かない。ましてやベルトにキャプチャーが付いているのでカメラを付けたままではベンチでもない限り、まず下ろすことはありませんね。これだとこまめには無理な話。


流石によろしくない。改善しないと水筒の種類は一通り出回っているものは試しましたが、結局はアクセスの問題がつきまとい、良い解決法がありません。いよいよハイドレーションシステムに手を出すかとなりました。ただ問題は片手でどーやって容器に液体を入れるか…。ハードタイプもあるにはあるけど、2Lも3Lも持てる自信は無いし…。


メジャーなところの『キャメルバック』で検索していました。アクセサリー類を見ていると延長のチューブはあるのがわかった。あとは容器の問題だけ。なにか良さそうなものはないかとAmazonで探しているときに、見つけてしまいました! レッサーパンダの次くらいに好きなカモノハシ。英語でプラティパスというそうです。そのプラティパスです。

f:id:healxheel:20190604194459j:plain

f:id:healxheel:20190603193218j:plain
噛んで吸うタイプのバイトバルブ。流量が増した新製品。マグネットクリップは別売り

基本はホーサーと言うモデルの交換用チューブキットなのですが、なんとこれ、ペットボトルに装着できてしまうのです!! evianなどの一部のペットボトルは使えないようですけど、通常のものならだいたい付くらしい。もしそれが可能なら容器の心配はしなくていいなと。購入することにしました。私が購入したのはプラティパスの25030です。


プラティパスは旧モデルもありまして、コメントが沢山載ってるのは旧モデルで作りもほんの少しだけ違う。ただ、HPで確認するとアップデートの文字でバイトバルブの流量が多くなってるっぽい。私が見た限りではね。しかも少し安いし。それと口元への運び込みがスムースになるソースのマグネットクリップも一緒に購入しました。


移動中もベルトに付けたチューブから水分補給が可能になりました。バックパック背負ったままでゴクゴクいけちゃう(・∀・) 久しぶりに自分の中ではヒット、いや、むしろこれからの時期のことを考えるとホームランだな。本来は水オンリーなんですけど、私は伊藤園の麦茶使ってます。要はチューブなので掃除のことを考えると水が良いようです。


いろはすとかペットボトルがペニャペニャだから飲み口が合えば良さそうね。これは飲み口を必ず下に向けて使わないと意味がないです。初め水漏れを恐れ上向きにセットしたらいくら吸っても麦茶が出てきませんでした。逆さまにしたらとてもスムースに出て快適に飲むことが出来ました。このblogを書いているときにTwitterこんな事がありまして。


思わずタイムリーなネタで反応してしまった。皆さんいろいろと考えてらっしゃるようで。水分補給はとても大事だという事がよくわかりました。そうそう、マグネットクリップの気持ちよさは、なかなかのもんです。気持ち良い! 実は装具とかにも流用できそうなネタがあったりなかったり(・∀・) 出来るかわからんけど、今度取り寄せてみよう。

f:id:healxheel:20190603193229j:plain
マグネットクリップが快適すぎて(*´∀`*)
f:id:healxheel:20190604195441j:plain
バイトバルブからは漏れない仕組み。快適です(*´∀`*)